読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちどりあし

思いつきをつづります。

京都ぎらい

読んでみました。

 

 

京都ぎらい (朝日新書)

京都ぎらい (朝日新書)

 

 私が以前京都に住んでいたこともあって、本屋に並んでいるのを見て興味は持っていた。

 

一言で紹介するなら、観光都市「京都」の生臭い裏側を紹介した本といったところ。

 

京都の洛外出身の筆者が、洛中出身の人に京都出身と名乗ることに対してヒエラルキーに対する皮肉めいた非難をされている場面がある。それに対する批判を公平な見方から説明していって、結局洛中の人に対する皮肉につながる様はなかなか面白かった。

 

本の前半部分は特に、汚い京都の話や大胆な推測などがあり、それがすべて皮肉につながっていくのであまり品のいいものではないかもしれない。

 

それでも理想化された京都よりは、実際に近い京都の姿がある程度載っていると思う。

 

まあ目くじらたてずに軽い気持ちで読んでみれば、そこそこには興味をそそられる本かと思う。

 

一風変わった京都観光にいかが?